Category: スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: 呟き

Comment (0)  Trackback (0)

スパコミ出られないかもしんない



諸事情により5月のイベント参加が全滅するかもしれない事態だ…
マラビンタしたいのは研磨君よりも黒尾鉄朗君ですね
スポンサーサイト

Category: お知らせ

Comment (0)  Trackback (0)

今後のイベント参加予定など


4月のIAは参加費払い忘れてしまったので不参加です。(というかスパコミの〆切の事を考えて迷ってるうちに〆切なってしまった)
■イベント参加予定
5月3日…スパコミ刀剣乱舞  東3ホール レ21b (燭へし)
   4日…スパコミハイキュー!! 西1ホール A46a (黒尾受け)
   5日…百刀繚乱 (蛍丸中心)
  10日…くろねこラバーズ
6月25日…RTS!!

5月ワロタ

Category: 呟き

Comment (0)  Trackback (0)

春コミお疲れ様でした。


先日は春コミお疲れ様でした!そして黒研の新刊は結局出せなくてすみませんでしたorz
次回は4月のIAでその時に出したいです。黒研で申し込みしてます^O^

いままで黒研の本を描いて来た中で部屋でヤってる描写も何度か描いてるんだけど、自分の中で研磨君の部屋も黒尾君の部屋もイメージがあいまいで雰囲気で描いていたために本ごとはおろかコマごとに部屋の設定が違くなる事態になってしまっているのでこれはゆゆしき事態だなと^O^
まずはおおざっぱな見取り図を線引いてみました。研磨君の部屋は角部屋の6畳。隣は空部屋またはお父さんの書斎もしくは雑多に色々入れてる部屋。室内はシンプルでそこそこ片付いてる(黒尾君が何かと片付けしてる)
本やゲームなどの細々した物が多い。健全な女の子じゃないフィギュアとか飾ってる。
黄色い丸は黒尾鉄朗の定位置、ベッドの枕は棚の反対側。ベッド脇の棚には鏡と整髪料置いてある。下の方の引き出しにゴム入ってる。(いつも割り勘で買う)ベッドの下のエロ本は黒尾君が持ち込んで隠したもの。クローゼットの中にも黒尾君の服とお泊りセットが常備してあり、黒尾鉄朗の浸食具合がなんかヤバい。その他クローゼットに服の他にガラクタとか色々しまってる。本棚は教科書と漫画。机は小学生から使ってる学習机。ゲーム類は学習机の引き出しにしまってある。冬は真ん中にコタツが出現する。

DKの部屋ってこんな感じですか教えてエロい人(´・ω・`)次回は黒尾鉄朗の部屋!

Category: お知らせ

Comment (0)  Trackback (0)

今週末と来週末とこれからの事


絵がでけえ

◆今週末の百刀繚乱について
欠席しますすみません。理由は新刊が間に合わなかったからです。春コミに発行します。
新刊出せないの何度目だよって感じですね…

◆来週の春コミについて
出来るだけ休まないようにします。そして個人的な理由で申し訳ありませんが、お昼くらいに撤収する予定でおります。

◆これからの事について
スパコミまでは申込みをしています、あと夏コミも申込みしていて、その後のオフ活動は未定です。
正直に言ってここ半年程は漫画を描くのが苦痛でした。イメージ通りに描けない自分の画力や技術不足を目の当たりにするのが辛かったです。〆切もろくに守れず本を落としてばかりの自分にも苛立つばかりで、楽しくてやっているはずの同人活動が苦痛でした。全部自分自身が悪いんです。
サイトもろくに更新せずすみません。絵や漫画を描く事は辞めたくはないのでしばらくはサイト更新などでのんびりやっていきたいです。…とか今は思っているんですが明後日には気が変わっているかもしれない。漫画描くのしんどいなあ。(こういう事を考えるとおお振りの「野球シンドイ」を思い出す)シンドイのに辞められないのってなんでだろうね?



Category: 呟き

Comment (0)  Trackback (0)

待つ方が辛いのか。それとも、待たせる方が辛いのか。

青い文学シリーズ 走れメロス [DVD]青い文学シリーズ 走れメロス [DVD]
(2010/05/28)
堺雅人、吉野裕行 他

商品詳細を見る


訪問セールスに半ば押しきられる感じで契約したBSテレビでアニマックス。
なんとなく作業BGMに流していた時期がありましたが、これが本当に色様々なジャンルのアニメを放送していて、アニマックスをきっかけに興味を持った作品も多々あります。(5000円/月で超高かったけど)
その中でも特に知る事が出来て本当に良かったと思う作品が青い文学シリーズの走れメロス。
太宰治の原作を劇中劇としてその脚本を執筆する小説家が本作の主人公で、彼の学生時代の友人城嶋をメロスとセリヌンティウスにあれしてて(語彙不足)高田は待つ身か待たせる身かというお話です。

文章書くのが得意でないので自分の中に渦巻くこのぐるぐるしたものを表す言葉がみつからないんですが、
本当に一度是非観てほしい作品だよーーーーーーーーもう監督はBL要素も少々入れたと仰っていたらしいけど
高田と城嶋の関係はお互いがメロスでありセリヌンティウスでありホモとかラブとかも越えた次元での学生時代の青いかけがえの無いものだよーーーーーーーーーーもう自分が何言ってるのかわかんないけどずっと城嶋に裏切られたと思い続けて15年経ってもあんな自棄になる程にトラウマででも結局城嶋の「最期に会いたい」っていう知らせに着の身着のままで走っていっちゃうんだもんねええええ15年前に城嶋を待ちつづけていた高田が最後にはメロスになるんですねえ;;;;;;
あと細かな手の動きや紙が舞う描写、懐中時計とか、声優さんの演技も素晴らしくて最高です
もしあの世に一つだけBD持って行けるとしたら現時点ならこの作品選ぶなあ

結論:私の文章力が劇的に無くて悲しい



プロフィール

藤真にごう

Author:藤真にごう
YOI!!!に人生総ぶっこみしている。
♡ヴィク勇ヴィク
♡ピチ勇

最新コメント
検索フォーム
QRコード
QR

1234567891011121314151617181920212223242526272829303103 2015
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。